この記事は約 2 分で読めます ( 約 648 文字 )

日本は世界の中でも特に長寿大国として知られており、どんどん平均寿命が延びている状況にありますが、高齢化社会に負けないくらい元気でいるためには規則正しい生活を送って食生活の改善を図ることが大切です。

 

また、人の健康は腸内環境に左右されると言われているように腸内の環境を整えることは健康を維持する上で非常に重要な部分になってきますが、腸内環境が悪いと食事をした際に吸収効率が悪くなってしまい栄養分を十分に確保することができません。

 

人の体は細胞からできているわけですが、細胞を作っているのは食事から得た栄養分であるため、腸内での吸収効率が落ちるということはそれだけ正常な細胞の生成に支障が出てしまうことに繋がります。

 

DHAやEPAには腸内環境を改善する作用があると言われているので、腸内の状態を整えるためにDHAやEPAの配合されているサプリを飲用している人も多いと思いますが、善玉菌という優良細菌を増やすことができるので腸内環境の改善に加えて美容効果なども期待できます。

 

>>ユンケルでおなじみの佐藤製薬のEPA&DHA!

 

DHAやEPAを効率的に摂取するのであればサプリがおすすめですが、食事で自然に取り入れたいのであれば青魚を摂取するのがおすすめです。

 

DHAやEPAは必須脂肪酸に分類されるものですが、中性脂肪のように体の中で無駄な脂肪を作るのではなく細胞の生成などのサポートを行っています。

 

ただし、過剰摂取にならないように注意が必要でたくさん摂取してしまうと体に悪影響が出る可能性もあります。