この記事は約 2 分で読めます ( 約 629 文字 )

生活習慣が原因となって起こる病気を生活習慣病と言いますが、食生活が乱れることやストレスが蓄積されること、他にも喫煙などが原因となって起こり、脳卒中や心臓病など重篤な病気を発症させてしまう起因になることがあるので、日頃から正しい生活習慣を心がけることが大切です。

 

生活習慣病になると、必ずと言っていいほど起こるのが血液のドロドロ状態。中性脂肪やコレステロールなどが血液中に多く含有されるようになると、血液がこれまでよりも重たくなるので心臓から血液を排出する際に負荷がかかってしまうこともあります。

 

DHAやEPAを飲用することによって、体に蓄積されている中性脂肪を減らすことができると言われています。基礎代謝を向上させることで、中性脂肪が使用されやすい状態を作ることや血液の中で直接的な機序を働くことで、サラサラ血液を作ることができます。

 

従って、DHAやEPAを摂取することは生活習慣病を予防することにも繋がってくるわけですが、過剰な摂取は厳禁となっており、適度に摂取することが症状を改善させるためのコツになります。

 

DHAやEPAを効率よく摂取するためにサプリを選択する人も多いと思いますが、その場合は一緒に配合されている成分をチェックしてください。どのような成分によって組成されているのか確認しておきましょう。

 

また、DHAやEPAは食事によっても摂取することが可能になっていますが、その中でも特に魚類の含有が多く、魚類の脂にはDHAやEPAが多く含まれています。