この記事は約 2 分で読めます ( 約 672 文字 )

DHA一日あたりの摂取量についてはおよそ3gとなっており、これを超えての摂取については過剰摂取になりますが、体質によっても変わるので、これ以下でも体に変調がある場合は用量を調節するようにしましょう。

 

EPAについては一日の摂取量が1gとなっており、DHAと一日の摂取量は違っているので、摂取する量に気をつける必要があります。

 

基本的に安全性の高い成分と言われているので、DHAやEPAを飲用することによる副作用のリスクは高くありませんが、これはあくまでも用量をきちんと守って飲用した場合の話しです。飲み過ぎてしまうと吐き気や下痢などの症状が顕著に現れることもあるので注意が必要です。

 

医薬品と併用して飲用することのリスクはそこまで高くありませんが、疾患がある場合や過去に大きな病気をしたことがある場合は、必ずDHAやEPAとの飲み合わせについて確認しておくことも大切です。

 

また、妊婦が飲用する場合も必ず医師に相談するようにしてください。

 

血液が硬化することによって起こる高脂血症や、年齢を重ねてくると起こりやすくなる肌トラブル、そして記憶力低下に対しても効果があると言われているDHAやEPAは、サプリでも便利に摂取することができるようになっていますが過剰摂取には注意が必要です。

 

DHAやEPAの成分は主に青魚に含有されている一方で、他にもクルミや植物油に含有が見られますが、オメガ系の必須脂肪酸ということもあって、体にとっては欠かせないものであり、自分で作ることができない脂肪です。食事で摂取出来ない場合は、サプリなどから取り入れるのがおすすめです。