この記事は約 2 分で読めます ( 約 628 文字 )

夜のお供とも言えるのが精力剤ですが、近年はストレス社会の影響もあって若い男性でも性欲不振や勃起不全に悩む人が増えていると言われており、パートナーとスキンシップを図ることができないことから関係が悪化してしまうケースも少なくなく、セックスレスの起因になっているとも言われています。

 

そういった現状を考えると精力剤が持つ役割というのはかなり大きなものがありますが、精力剤成分としてもよく使用されているDHAやEPAには血液をサラサラにする機序があるので、陰茎が勃起するために必要な血液を効率的に供給することができます。

 

また、ストレス物質を軽減する働きがあるのでDHAやEPAを摂取することによって性欲を向上させる期待がありますが、実際に精力剤の中にもDHAやEPAが含有されているタイプは少なくありません。

 

DHAやEPAは脂肪酸になるので脂肪が体に蓄積されている人は太ってしまわないか心配する人もいるかもしれませんが、基本的にこの脂肪は太らせるものではないので安心して摂取することが可能です。

 

むしろ血液サラサラ効果によって代謝を向上させることができるのでダイエットには最適な成分です。

 

気をつけないといけないのはあまり過剰摂取にならないようにするという点で脂肪酸は酸化しやすい物質でもあるので酸化して状態変化すると効果を得ることはできません。

 

また、サプリタイプの購入を検討している場合は配合されている成分についても事前にチェックして購入を進めて行くようにしましょう。