タグ:必須脂肪酸の記事一覧

DHAEPAサプリメント

DHA EPA サプリメントについて効果や購入時の注意点など。おすすめのDHAEPAサプリのご紹介。

タグ:必須脂肪酸

必須脂肪酸の代表格がDHAやEPA

この記事は約 2 分で読めます ( 約 617 文字 )

必須脂肪酸の代表格となるのがDHAやEPAというわけですが、青魚に多く含まれている脂肪に多く含有されている成分で、脳や目に対して直接的な作用機序をもたらすことができる最大の特徴があります。

 

脂肪という名称を聞いて多くの人は太る原因の元というイメージを持つと思いますが、ダイエットをする際に落とす贅肉というのはまさに中性脂肪のことであり、中性脂肪が蓄積されている体というのはドロドロ血液を作り出すなどデメリット要素が満載です。

 

しかし、近年になって注目されている必須脂肪酸という脂肪については体が太ってしまうということや血液のドロドロを促すというイメージとはかけ離れたものになっており、さまざまな健康や美容効果をもたらすということから注目を浴びている成分になっています。

 

DHAやEPAを効率的に摂取するために日頃の食生活に焼き魚を取り入れている人も多いと思いますが、それだと効率的な摂取をすることが難しいという人にはサプリがおすすめで、必要な分だけをピンポイントに摂取することが可能です。

 

DHAやEPAそのものが体に対して良いというのは昔から知られていましたが、研究が進むにつれて次々とプラスαの効果が見つかっているのが特徴で、健康や美容、アンチエイジングなどさまざまな人の悩みに応えてくれます。

 

DHAやEPAにはアレルギーや免疫系に対しての効果もありますが、いずれの場合も用量や用法をきちんと守ることが大切で過剰摂取には気をつけましょう。

DHAやEPAの必須脂肪酸とは?

この記事は約 2 分で読めます ( 約 623 文字 )

DHAやEPAは必須脂肪酸に分類されます。脂肪という名称を見ると中性脂肪などを連想してしまうため、体にとって悪影響が出てくるのではないかと心配する人も多いと思いますが、生命活動をするためや維持するためには欠かせない成分となっています。

 

必須脂肪酸は、食物から摂取した脂肪がそれぞれ飽和脂肪酸か不飽和脂肪酸化かという分類分けをされます。この中で不飽和脂肪酸の方が必須脂肪酸という分類になり、そこから枝分かれをしてさらにn-3とn-6に分類されることになります。

 

DHAやEPAが配合されているサプリを飲用してまで摂取しているのは、体内の中で合成することができない成分だから。外部から摂取をしなければ必須脂肪酸を供給することができないというのが理由になっています。

 

植物油に多く含有されている必須脂肪酸ですが、DHAやEPAなどについては青魚に多く含有されていることでも知られており、鮫の肝油にも多く含有されているので商品化されているサプリなども多く見かけます。

 

DHAやEPAなどの必須脂肪酸が、体の中で不足してしまうことによって起こる症状としては老化の促進です。言い換えれば積極的に摂取をすることによってアンチエイジングの効用も期待することができるというものです。

 

また、DHAやEPAをサプリで摂取する場合はどれくらいの量を摂取しているのか?ということをきちんと把握することが大切です。たくさん摂取すると体にとってあまりメリットがないので注意が必要です。

DHAEPAサプリで摂取できる必須脂肪酸

この記事は約 2 分で読めます ( 約 614 文字 )

DHAやEPAに含有されている必須脂肪酸は人間の体にとって必要不可欠なものですが、脳や神経に対して効果をもたらすことによって記憶力の向上を図ることや視神経の働きを改善する効果があると言われています。

 

また、血液に対する作用も大きく血液の流れを改善することによって血液中に含有されている脂肪分を減らすことができるので、動脈硬化やそれからつながる脳梗塞、心筋梗塞などの病気を予防する効果も期待できます。

 

摂取については食事からの摂取が基本になりますが、含まれているのは青魚が中心になってくるので魚を食べることが苦手な場合はDHAやEPAが配合されているサプリがおすすめで、これだとどれくらいの量を摂取しているのか分かるというメリットがあります。

 

DHAやEPAのサプリは数多く販売されていますが、商品によって金額が異なっているので選ぶ場合は予算から考えるようにしましょう。

 

ただし、金額が高いものは他の健康成分なども配合されている可能性があるので、プラスαの効果を期待するのであれば含有成分を調べておくとよいでしょう。

 

サプリは医薬品と混同されがちですが、あくまで日常生活において足りてない成分を効率よく摂取するためのものであるため、医薬品のように副作用が高いものではなく体の負担は大きくありません。

 

ただし、飲みやすさから過剰摂取気味になるケースはあるので用量は用法は必ず飲用前にチェックするようにして必要な摂取量を超えないようにしましょう。

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます