DHAやEPAを摂取することによって、頭が良くなるということや血液がサラサラになることで生活習慣病を予防することができるという話しを聞いたことがある人も少なくないと思います。特に頭が良くなるというのは、子供を持つ親としては聞き捨てならない言葉だと思います。

 

DHAやEPAが学習能力を高まるという関連性は、いくつもの実験によって知られているので、積極的にDHAやEPAを子供に対して与えたいと考えている親御さんもたくさんいると思います。

 

しかし、食事からの摂取だと主に青魚からになるので、そもそも魚が嫌いな子供にとっては箸が進まない。そのような場合はDHAやEPAが含有されているサプリを購入して与えるというのも方法としてあります。

 

一日に必要な量についてはおよそ1000mgくらいだと言われていますが、子供についてはどれくらいの量を摂取すればいいか?というガイドラインがありません。成人の摂取量を基準として、親のさじ加減によって与える量は決まっていきます。

 

サプリで飲用する場合は、どれくらいの量を摂取するかですが、過剰摂取をすると酸化してしまいやすい物質であるため、体に悪影響が出ることもあります。

 

そのため、一気に摂取するというよりは毎日少しずつ確実に摂取をする方がおすすめです。できれば食生活によって自然摂取することを目的にするように心がけるようにしましょう。