タグ:サプリの記事一覧

DHAEPAサプリメント

DHA EPA サプリメントについて効果や購入時の注意点など。おすすめのDHAEPAサプリのご紹介。

タグ:サプリ

子供に飲ませるDHAEPAサプリの必要量は?

この記事は約 1 分で読めます ( 約 579 文字 )

DHAやEPAを摂取することによって、頭が良くなるということや血液がサラサラになることで生活習慣病を予防することができるという話しを聞いたことがある人も少なくないと思います。特に頭が良くなるというのは、子供を持つ親としては聞き捨てならない言葉だと思います。

 

DHAやEPAが学習能力を高まるという関連性は、いくつもの実験によって知られているので、積極的にDHAやEPAを子供に対して与えたいと考えている親御さんもたくさんいると思います。

 

しかし、食事からの摂取だと主に青魚からになるので、そもそも魚が嫌いな子供にとっては箸が進まない。そのような場合はDHAやEPAが含有されているサプリを購入して与えるというのも方法としてあります。

 

一日に必要な量についてはおよそ1000mgくらいだと言われていますが、子供についてはどれくらいの量を摂取すればいいか?というガイドラインがありません。成人の摂取量を基準として、親のさじ加減によって与える量は決まっていきます。

 

サプリで飲用する場合は、どれくらいの量を摂取するかですが、過剰摂取をすると酸化してしまいやすい物質であるため、体に悪影響が出ることもあります。

 

そのため、一気に摂取するというよりは毎日少しずつ確実に摂取をする方がおすすめです。できれば食生活によって自然摂取することを目的にするように心がけるようにしましょう。

DHA EPAサプリ アスタキサンチン配合のオメガエイド

この記事は約 2 分で読めます ( 約 631 文字 )

DHA EPAサプリのオメガエイドは、大企業サントリーが販売している人気商品の一つ。健康食品の中でも特にユーザーが多いのも特徴で、大手会社という安心感に加えて徹底した品質管理なども人気の理由となっています。

 

オメガエイドに含有されている成分としてDHAやEPAの他にARAもあります。ARAも脂肪酸の一種で良性脂肪にカテゴライズされるので、体の中で蓄積されている悪性脂肪を除去して健康をサポートする機序があります。

 

また、アスタキサンチンも配合されており、エビやカニ、サケなど赤い海産物に多く含まれているこの成分は、体内に取り入れることによって体内が酸化するのを防ぐことができるので、結果としてアンチエイジングの効果も期待できます。

 

DHAやEPAには脳に対しての効果も高いものがありますが、年を取って物忘れがひどくなったという人にもお勧めのサプリです。脳を活性化させることで記憶力の低下を防ぐ効果があるので、アルツハイマーへの効用なども期待されている成分になっています。

 

DHAやEPAは、血液の流れを促進することでさまざまな効果を得ることができるということ。オメガエイドを購入する場合はサントリーの専用公式サイトで購入をするのが安心です。

 

一日に6粒を目安として、約1カ月分の金額は約6000円となっており、健康補助食品という点で考えると少々高く感じる人もいるかもしれませんね。でも、それ以上にオメガエイドに含有されている成分や信頼性を考えると買いの商品だと言えます。

DHAやEPAサプリを摂取するデメリット

この記事は約 2 分で読めます ( 約 622 文字 )

青魚がちょっと苦手という人でも、DHAやEPAが配合されているサプリを飲用すれば魚を食べることなく、必要な栄養分だけ効率的に摂取することができます。サプリメントのパッケージにきちんと含有量が記載されているので、これを参考にすることで摂取している量を知ることができます。

 

しかし、サプリはその利便性から効果が実感できない場合についつい飲み過ぎてしまう人がいるのも事実です。実際のところ、過剰摂取によって体調を崩してしまう人もいるので、飲用する場合は用法や用量をきちんと守ることが大切です。

 

DHAやEPAはいずれも必須脂肪酸という分類になりますが、体の中では欠かせない成分である一方、自分では合成することができないものなので、摂取をするためにはサプリなどを通じて摂取することがポイントです。

 

DHAやEPAをサプリで摂取する場合は、他の含有成分とのバランスも考える必要がありますが、プラスαの成分を配合させているサプリが多いものの、その部分の成分が必ずしも自分にとってメリットがあるとは限らないので、配合されている成分が多いからと言って選ぶのは注意が必要です。

 

また、中にはサプリに使用されている成分が体質に合わないことによって、アレルギーのような症状が見られることもあるので、DHAやEPAサプリを飲用して少しでも体に異変が見られる場合は使用を止めて様子を見るようにしましょう。

 

購入する場合は、信頼できるお店から買うこともぜひ忘れないようにしましょう。

DHAとEPAは万病の元の低体温に効く!?

この記事は約 2 分で読めます ( 約 618 文字 )

イワシやサバなどに多く含有されているDHAやEPAには血液をサラサラにする効果がありますが、人間の体温というのは血液が流れることによって維持されているので、DHAやEPAを摂取することによって低体温症の改善効果も期待されます。

 

中には魚を食べることが苦手な人や、継続して食べることが難しい環境にある人もいるかもしれませんが、そのような場合でもDHAやEPAが配合されているサプリを購入して飲用することによって、効率的に摂取することが可能になっています。

 

風邪を引いた時に高い熱が出てしんどい思いをすることがあると思いますが、熱が出るのは体の免疫機能が熱を出して原因の細菌やウイルスを撃退するためで、インフルエンザなどのウイルスに感染すると40度を超えるような熱が出ることもあります。

 

細菌やウイルスが熱に弱いということが体の免疫機能の働きから見ても分かりますが、一方で低体温の体というのは免疫機能が弱くなっており風邪や病気をしやすい原因になっている可能性があります。

 

低体温症は代謝機能が弱まってしまうことによっても起こると言われていますが、改善するためには規則正しい生活習慣を身に付けることや、適度な運動をして基礎代謝を向上することが大切です。

 

いずれにしても体温がいつもより低い状態が続いているという状態の場合は体に何かしらの変調が起こっている証拠でもあるので、原因ときちんと向き合ってきちんとした対処をすることが健康維持のためにも必要です。

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます