DHAやEPAにはアレルギー症状を緩和する役割があると言われています。EPAについてはシクロオキシゲナーゼなどアレルギー反応の原因になる酵素の働きを抑制する作用があり、DHAについてはサイトカインの抑制効果があります。

 

DHAやEPAサプリを購入して飲用することでも効率的に摂取することができますが、日常生活の改善と食生活の改善で取り入れたいと考えている場合は、脂分が多いイワシやサンマ、サバがおすすめです。

 

ただし、塩焼をして食べる場合は塩分の過剰摂取になる可能性があるので、他の食事で塩分を控えるなどの工夫が必要になります。

 

アレルギー症状というのは、免疫機能が原因になって起こる病気として知られており、近年になって特に現代人はアレルギー疾患にかかる人が増加していると言われています。代表的な原因物質としてはハウスダストやペット、花粉などになります。

 

これらの物質以外にもアレルギーをもたらすものはありますが、いずれも体内に呼吸などから取り入れる場合に、本来であればスルーしても問題ない物質なのに、免疫機能がスルーできずに過剰反応を起こしてしまいます。これらの物質を排除しようと働く免疫の疾患です。

 

DHAやEPAがもたらす体への効果にはいろいろありますが、必須脂肪酸は人間が生きていく上で必要な物質であり、これが減少してしまうと体にはさまざまな不具合が生じるようになります。意識的に摂取する習慣を身に付けることも大切であると言えるでしょう。