この記事は約 2 分で読めます ( 約 623 文字 )

DHAやEPAは必須脂肪酸に分類されます。脂肪という名称を見ると中性脂肪などを連想してしまうため、体にとって悪影響が出てくるのではないかと心配する人も多いと思いますが、生命活動をするためや維持するためには欠かせない成分となっています。

 

必須脂肪酸は、食物から摂取した脂肪がそれぞれ飽和脂肪酸か不飽和脂肪酸化かという分類分けをされます。この中で不飽和脂肪酸の方が必須脂肪酸という分類になり、そこから枝分かれをしてさらにn-3とn-6に分類されることになります。

 

DHAやEPAが配合されているサプリを飲用してまで摂取しているのは、体内の中で合成することができない成分だから。外部から摂取をしなければ必須脂肪酸を供給することができないというのが理由になっています。

 

植物油に多く含有されている必須脂肪酸ですが、DHAやEPAなどについては青魚に多く含有されていることでも知られており、鮫の肝油にも多く含有されているので商品化されているサプリなども多く見かけます。

 

DHAやEPAなどの必須脂肪酸が、体の中で不足してしまうことによって起こる症状としては老化の促進です。言い換えれば積極的に摂取をすることによってアンチエイジングの効用も期待することができるというものです。

 

また、DHAやEPAをサプリで摂取する場合はどれくらいの量を摂取しているのか?ということをきちんと把握することが大切です。たくさん摂取すると体にとってあまりメリットがないので注意が必要です。