カテゴリー:DHAEPAの基礎知識の記事一覧

DHAEPAサプリメント

DHA EPA サプリメントについて効果や購入時の注意点など。おすすめのDHAEPAサプリのご紹介。

カテゴリー:DHAEPAの基礎知識

子供に飲ませるDHAEPAサプリの必要量は?

この記事は約 1 分で読めます ( 約 579 文字 )

DHAやEPAを摂取することによって、頭が良くなるということや血液がサラサラになることで生活習慣病を予防することができるという話しを聞いたことがある人も少なくないと思います。特に頭が良くなるというのは、子供を持つ親としては聞き捨てならない言葉だと思います。

 

DHAやEPAが学習能力を高まるという関連性は、いくつもの実験によって知られているので、積極的にDHAやEPAを子供に対して与えたいと考えている親御さんもたくさんいると思います。

 

しかし、食事からの摂取だと主に青魚からになるので、そもそも魚が嫌いな子供にとっては箸が進まない。そのような場合はDHAやEPAが含有されているサプリを購入して与えるというのも方法としてあります。

 

一日に必要な量についてはおよそ1000mgくらいだと言われていますが、子供についてはどれくらいの量を摂取すればいいか?というガイドラインがありません。成人の摂取量を基準として、親のさじ加減によって与える量は決まっていきます。

 

サプリで飲用する場合は、どれくらいの量を摂取するかですが、過剰摂取をすると酸化してしまいやすい物質であるため、体に悪影響が出ることもあります。

 

そのため、一気に摂取するというよりは毎日少しずつ確実に摂取をする方がおすすめです。できれば食生活によって自然摂取することを目的にするように心がけるようにしましょう。

DHA EPA不足がもたらす体への悪影響とは?

この記事は約 2 分で読めます ( 約 611 文字 )

DHAやEPAは必須脂肪酸に分類されるものですが、中性脂肪のように体内で合成することができない脂肪。摂取するためには外部からの摂取が必至となりますが、あまり含有されている食材はなく自然な摂取であれば青魚が中心になります。

 

DHAやEPAは脳の伝達物質に対しての効果があるのも特徴になりますが、人間の思考というのは神経細胞によってコントロールされており、数千億個という数のニューロンが作用することによって人格も形成されています。

 

DHAやEPAが不足してしまうことで、これらの働きが鈍くなってしまう可能性があり、そこから記憶力の低下や高齢者だとアルツハイマーのリスクなどを高めてしまうことも。神経に対しての作用もあるので自律神経が乱れてしまうことでさまざまな病気のリスクを高める可能性もあります。

 

また、自律神経の乱れは内臓器官への影響だけでなく、神経系にも影響を及ぼすようになります。そうなると不安症などを引き起こし、それがストレスを蓄積することによってうつ病やパニック障害になることもあります。

 

DHAやEPAだけですべての症状を改善することができるとは限りませんが、体内に対して与える効果は良効果になります。

 

DHAやEPAを効率的に摂取したい場合はサプリメントがおすすめです。サプリだとどれくらいの量を摂取すれば良いのか?が書いてあるので必要な量がわかります。ただし、なんでもそうですが飲み過ぎ、摂取しすぎには注意が必要です。

 

 

必須脂肪酸の代表格がDHAやEPA

この記事は約 2 分で読めます ( 約 617 文字 )

必須脂肪酸の代表格となるのがDHAやEPAというわけですが、青魚に多く含まれている脂肪に多く含有されている成分で、脳や目に対して直接的な作用機序をもたらすことができる最大の特徴があります。

 

脂肪という名称を聞いて多くの人は太る原因の元というイメージを持つと思いますが、ダイエットをする際に落とす贅肉というのはまさに中性脂肪のことであり、中性脂肪が蓄積されている体というのはドロドロ血液を作り出すなどデメリット要素が満載です。

 

しかし、近年になって注目されている必須脂肪酸という脂肪については体が太ってしまうということや血液のドロドロを促すというイメージとはかけ離れたものになっており、さまざまな健康や美容効果をもたらすということから注目を浴びている成分になっています。

 

DHAやEPAを効率的に摂取するために日頃の食生活に焼き魚を取り入れている人も多いと思いますが、それだと効率的な摂取をすることが難しいという人にはサプリがおすすめで、必要な分だけをピンポイントに摂取することが可能です。

 

DHAやEPAそのものが体に対して良いというのは昔から知られていましたが、研究が進むにつれて次々とプラスαの効果が見つかっているのが特徴で、健康や美容、アンチエイジングなどさまざまな人の悩みに応えてくれます。

 

DHAやEPAにはアレルギーや免疫系に対しての効果もありますが、いずれの場合も用量や用法をきちんと守ることが大切で過剰摂取には気をつけましょう。

DHA EPAは魚臭い? 自然に含有する食材とは?

この記事は約 2 分で読めます ( 約 603 文字 )

DHAやEPAの配合されているサプリを飲用している人の中には、必須脂肪酸が青魚からたくさん摂取することができることを知っているものの、魚が嫌いなのでサプリに頼っているという人もいるかもしれません。サプリであれば魚の味を感じることなく摂取することが可能です。

 

ちなみに、DHAやEPAは青魚だけに含有されている成分ではなく、自然界にある食材の中にはいくつか含有されているものもあります。近年になって注目を浴びるようになったのがミドリムシで、小学校の理科の授業でもお馴染みの植物であり動物である、不思議な物体です。

 

ミドリムシは最近、さまざまな健康効果があるということから注目を浴びるようになり、最強の健康食材とまで言われることがあるこのミドリムシにもDHAやEPAは多く含有されています。

 

ただし、DHAやEPAがミドリムシの栄養分のメインではないので、効率的な摂取を考える場合は他の方法を考えることも大切です。過剰に摂取すれば比例的に効用がプラスされるというものではないので、その点には注意する必要もあります。

 

また、他にはクルミやごま油などにも多く含有されていますが、いずれも効率的になおかつ継続的な摂取という点で考えると難しい部分もあるのでサプリによる摂取に利があります。

 

DHAやEPAだけでなく他にもさまざまな健康成分があるので、サプリとして飲用する場合は配合されている成分などをチェックすることも大切です。

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます