カテゴリー:体の不調を整えるDHAEPAの記事一覧

DHAEPAサプリメント

DHA EPA サプリメントについて効果や購入時の注意点など。おすすめのDHAEPAサプリのご紹介。

カテゴリー:体の不調を整えるDHAEPA

眼の疲れにも良いと言われているDHAEPAサプリ

この記事は約 2 分で読めます ( 約 632 文字 )

近年はスマホやパソコン、ポータブルゲーム機の普及などによって眼を酷使する人が増えています。これが原因になってドライアイやまぶしさなどを感じるようになり、眼精疲労の状態になる人が増えていますが、デスクワークなどが原因になる場合は仕事なので改善が難しいこともあります。

 

眼精疲労は眼に負荷がかかることによって起こる症状の一つ。眼精疲労に対してもDHAやEPAは効果を発揮すると言われており、これらの成分には神経系への働きがあり、視神経に対して作用機序をもたらすことで眼精疲労の症状を緩和することができます。

 

また、DHAやEPAサプリで眼精疲労の改善を考えるのであれば、ビタミンが配合されているタイプがおすすめです。ビタミンの作用も眼精疲労の症状を緩和する効果があるので、ダブルの効果によって眼の疲れを癒すことができます。

 

DHAやEPAサプリの中には、他にもさまざまな健康成分が配合されていることがあります。例えば、アントシアニンなど眼に良いと言われている成分が主体となっていてプラスαでDHAやEPAなどが配合されているものもあります。眼精疲労の緩和するために購入するのであればこのようなタイプもおすすめです。

 

DHAやEPAは必須脂肪酸が多く含有されていますが、この脂肪分は直接的に神経などに作用すると言われており、眼であれば保護成分としての役割も期待できます。

また、日頃からマッサージをすることや遠いところを見るなどの習慣を身に付けることも眼精疲労の改善には必要です。

DHA EPAの生活習慣病に対する効果とは?

この記事は約 2 分で読めます ( 約 629 文字 )

生活習慣が原因となって起こる病気を生活習慣病と言いますが、食生活が乱れることやストレスが蓄積されること、他にも喫煙などが原因となって起こり、脳卒中や心臓病など重篤な病気を発症させてしまう起因になることがあるので、日頃から正しい生活習慣を心がけることが大切です。

 

生活習慣病になると、必ずと言っていいほど起こるのが血液のドロドロ状態。中性脂肪やコレステロールなどが血液中に多く含有されるようになると、血液がこれまでよりも重たくなるので心臓から血液を排出する際に負荷がかかってしまうこともあります。

 

DHAやEPAを飲用することによって、体に蓄積されている中性脂肪を減らすことができると言われています。基礎代謝を向上させることで、中性脂肪が使用されやすい状態を作ることや血液の中で直接的な機序を働くことで、サラサラ血液を作ることができます。

 

従って、DHAやEPAを摂取することは生活習慣病を予防することにも繋がってくるわけですが、過剰な摂取は厳禁となっており、適度に摂取することが症状を改善させるためのコツになります。

 

DHAやEPAを効率よく摂取するためにサプリを選択する人も多いと思いますが、その場合は一緒に配合されている成分をチェックしてください。どのような成分によって組成されているのか確認しておきましょう。

 

また、DHAやEPAは食事によっても摂取することが可能になっていますが、その中でも特に魚類の含有が多く、魚類の脂にはDHAやEPAが多く含まれています。

DHAEPAのストレス緩和効果

この記事は約 2 分で読めます ( 約 628 文字 )

DHAやEPAを摂取することによってストレス緩和効果があると言われています。ストレスが蓄積されている人にもおすすめする成分になりますが、これは含有されているセロトニンという成分が関係しており、人の感情を司る部分に対してプラスの影響を与える効果があります。

 

ストレスが蓄積されやすい環境におかれている人も多いと思います。ストレスが蓄積されると精神的に参ってくるだけでなく、内臓の働きが弱くなることによってさまざまな病気リスクを高めてしまうことになるので、できるだけストレスを溜めないように日々の生活を送ることが、健康を継続させるためのコツになります。

 

リラックスして幸せな感情を持つ場合などにセロトニンは使用されていると言われていますが、ストレスを感じている場合に、DHAやEPAを取り入れてセロトニンの働きを活発化させることによって、精神面でかなり大きな効果が期待されます。

 

DHAやEPAを摂取する場合に、できれば食生活の中で取り入れることができる環境を作りたいものです。でも、なかなか食生活を改善してメニューや献立を決めるというのは難しいところでもあるため、最初はDHAやEPAが含有されているサプリの摂取をおすすめします。

 

サプリであれば自分で摂取したい量を決めることができるので、過剰摂取になることもなく、自分でコントロールすることができるメリットがあります。

 

取り過ぎてしまうと体に悪影響が出る可能性もあるので、用法や用量をきちんと守るようにしてください。

DHAとEPAは万病の元の低体温に効く!?

この記事は約 2 分で読めます ( 約 618 文字 )

イワシやサバなどに多く含有されているDHAやEPAには血液をサラサラにする効果がありますが、人間の体温というのは血液が流れることによって維持されているので、DHAやEPAを摂取することによって低体温症の改善効果も期待されます。

 

中には魚を食べることが苦手な人や、継続して食べることが難しい環境にある人もいるかもしれませんが、そのような場合でもDHAやEPAが配合されているサプリを購入して飲用することによって、効率的に摂取することが可能になっています。

 

風邪を引いた時に高い熱が出てしんどい思いをすることがあると思いますが、熱が出るのは体の免疫機能が熱を出して原因の細菌やウイルスを撃退するためで、インフルエンザなどのウイルスに感染すると40度を超えるような熱が出ることもあります。

 

細菌やウイルスが熱に弱いということが体の免疫機能の働きから見ても分かりますが、一方で低体温の体というのは免疫機能が弱くなっており風邪や病気をしやすい原因になっている可能性があります。

 

低体温症は代謝機能が弱まってしまうことによっても起こると言われていますが、改善するためには規則正しい生活習慣を身に付けることや、適度な運動をして基礎代謝を向上することが大切です。

 

いずれにしても体温がいつもより低い状態が続いているという状態の場合は体に何かしらの変調が起こっている証拠でもあるので、原因ときちんと向き合ってきちんとした対処をすることが健康維持のためにも必要です。

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます