この記事は約 2 分で読めます ( 約 632 文字 )

近年はスマホやパソコン、ポータブルゲーム機の普及などによって眼を酷使する人が増えています。これが原因になってドライアイやまぶしさなどを感じるようになり、眼精疲労の状態になる人が増えていますが、デスクワークなどが原因になる場合は仕事なので改善が難しいこともあります。

 

眼精疲労は眼に負荷がかかることによって起こる症状の一つ。眼精疲労に対してもDHAやEPAは効果を発揮すると言われており、これらの成分には神経系への働きがあり、視神経に対して作用機序をもたらすことで眼精疲労の症状を緩和することができます。

 

また、DHAやEPAサプリで眼精疲労の改善を考えるのであれば、ビタミンが配合されているタイプがおすすめです。ビタミンの作用も眼精疲労の症状を緩和する効果があるので、ダブルの効果によって眼の疲れを癒すことができます。

 

DHAやEPAサプリの中には、他にもさまざまな健康成分が配合されていることがあります。例えば、アントシアニンなど眼に良いと言われている成分が主体となっていてプラスαでDHAやEPAなどが配合されているものもあります。眼精疲労の緩和するために購入するのであればこのようなタイプもおすすめです。

 

DHAやEPAは必須脂肪酸が多く含有されていますが、この脂肪分は直接的に神経などに作用すると言われており、眼であれば保護成分としての役割も期待できます。

また、日頃からマッサージをすることや遠いところを見るなどの習慣を身に付けることも眼精疲労の改善には必要です。